×

照ノ富士が日本国籍取得 名字は「杉野森」に

[ 2021年8月5日 05:30 ]

横綱への昇進が確定した照ノ富士
Photo By スポニチ

 大相撲の新横綱・照ノ富士(29=伊勢ケ浜部屋、モンゴル出身)が日本国籍を取得したことが、4日付の官報で告示された。

 外国出身の歴代横綱で日本国籍を有するのは5人目。年寄名跡の襲名には日本国籍が必要で、電話取材に「相撲人生の中で学んできたことを次に伝えていけるチャンスかなと思った。いろんなことを考えて決断した」と、引退後は親方として日本相撲協会に残る希望を表明した。本名はガントルガ・ガンエルデネから変更し、名字は師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と同じ「杉野森」にすることを明言。この日は下の名前は明かさなかった。

 日本国籍取得は両膝のケガや内臓疾患の影響で序二段にまで転落した19年春場所ごろに決めたという。「周りで支えてくれる人に恩返しをしなくては」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月5日のニュース