×

金井大旺 “最初で最後の五輪”110メートル障害まさかの転倒敗退 「次の挑戦はない」歯科医師の道へ

[ 2021年8月5日 05:30 ]

東京五輪第13日 陸上男子110メートル障害 準決勝 ( 2021年8月4日    国立競技場 )

 男子110メートル障害準決勝で、バランスを崩す金井大旺(左)=国立競技場
Photo By 共同

 男子110メートル障害準決勝で、“最初で最後の五輪”だった金井大旺(25=ミズノ)は転倒して2組最下位の8着に沈み、敗退した。

 右側のジャマイカ選手と腕が接触してバランスを崩し、9台目の手前で転倒。「真っ白で考えることができなかった」。自己記録の13秒16なら突破できていたが、日本勢57年ぶりの準決勝は完敗だった。

 函館ラサール高ではコーチ不在で、独学。法大で96年アトランタ五輪400メートル障害代表の苅部俊二コーチに出会い、才能が花開く。東京五輪後は、実家の歯科医院を継ぐために、歯科医師の道に進むと公言している。「次の挑戦はないんだなという気持ちがした」。敗者の弁に、無念さがこもった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月5日のニュース