×

稲見萌寧、2日目の追い上げに自信「パットが入ったらスコアは出る」

[ 2021年8月5日 05:30 ]

東京五輪第13日 ゴルフ女子第1日 ( 2021年8月4日    埼玉・霞ケ関CC=6648ヤード、パー71 )

10番でラインを読む稲見
Photo By 共同

 稲見萌寧(22=都築電気)は2番でバーディーを先行させた直後に連続ボギーを叩いたが、14番で取り返すと、18番はピンそばにつけてバーディーで締めくくった。

 アンダーでホールアウトし、畑岡と並ぶ16位発進。「ギャラリーの方がいないので練習ラウンドっぽい。予選落ちがないから気楽に楽しくできる。五輪より日本ツアーの方が緊張するかも」と白い歯を見せた。首位とは4打差。悪くない位置で初日を終えた。「パットが入ったらスコアは出る」と追い上げに自信を見せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月5日のニュース