×

松本潤 来年大河「どうする家康」初主演で真骨頂 “弱い”殺陣に真価、大森南朋「誰も見たことない松潤」

[ 2022年7月1日 16:20 ]

来年の大河ドラマ「どうする家康」の取材会を行った(左から)山田裕貴、大森南朋、松本潤、松重豊(C)NHK
Photo By 提供写真

 来年2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」(日曜後8・00)の主演を務める「嵐」の松本潤(38)が1日、名古屋放送局で取材会を行った。6月5日のクランクイン以降、取材に応じるのは初。大河初出演の松本について、共演陣は「素晴らしい」と演技について絶賛した。

 取材会には家臣団のリーダー・酒井忠次役の大森南朋(50)、最強サムライ・本多忠勝役の山田裕貴(31)、ザ交渉人・石川数正役の松重豊(59)も出席した。
 
 希代のストーリーテラー・古沢良太氏がオリジナル脚本を手掛ける大河ドラマ62作目。「リーガル・ハイ」「デート~恋とはどんなものかしら~」「コンフィデンスマンJP」などのヒット作を生んだ古沢氏は大河脚本に初挑戦。松本は大河初出演にして初主演となる。家康を単独主役にした大河は1983年「徳川家康」以来、実に40年ぶり。令和版にアップデートした新たな家康像を描く。

 制作統括の磯智明チーフ・プロデューサーは「古沢さんの台本もあるんですが、非常に面白いんですよ。例えば、今週は自分は駿府が好きだから岡崎に戻りたくないというシーンを撮影しましたが、家臣からすると無責任な台詞もユーモラスに感じさせてくれたり。殺陣も割と弱いんですよ(笑)。エンターテイナーとしての才能がとても感じられます」といい「振り切った芝居をする松本さんに対して、非常にリスペクトしている」と絶賛。家臣団のリーダー・酒井忠次役の大森も「お芝居は素晴らしい。心が引っ張っていかれる。そして振り切った、今までに見たことがない松本潤を最前線で見ていますので、皆さんもご期待ください」と称賛した。

 のちに天下をとる家康の、あえて“弱い”部分、負ける姿を演じるにあたり、松本は「か弱いプリンスというか、幼い何も力がない人がどう天下を取るのか、という部分を描けたら。今回の家康公は、若いし力もないし、家臣たちも小さな国なので頼りない、というのがスタートライン。アクションシーンなどはわざと弱くやっているわけではなく、闘い方を知らないとか、やろうとしているのにうまくいかないとか、抜け感をうまく表現できたら。何もない力もない、そういう人が天下を取るということを演技で表現していきたい」と演技への思いを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月1日のニュース