×

りんたろー。「舞妓の実情」告発ツイートに私見「京都府が把握してないって凄いチグハグ」

[ 2022年7月1日 13:17 ]

EXITのりんたろー。
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「EXIT」のりんたろー。(36)が6月30日、ABEMA「Abema Prime(アベプラ)」(月~金曜後9・00)に生出演し、京都の元舞妓を名乗る人物が未成年飲酒などの実情を告発した件についてコメントした。

 この人物は自身のツイッターで、「当時16歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)」などと写真付きでつづり、伝統文化のあり方に一石を投じた。

 労基関連法上では、18歳未満の労働者が午後10時以降の酒席に従事することを禁じている。しかし、後藤茂之厚労相は28日、労働者としての舞妓について「労基法が適用される労働者であるかは一概に答えることは困難」と話すにとどめた。

 舞妓といえば京都の華。ツイートの内容が事実であれば、観光の目玉として世界から注目を浴びる華やかな世界で、違法行為が黙認されていた可能性がある。りんたろー。は「あんなに京都府のいろんなポスターに舞妓さんが出てくるのに、京都府が把握してないって凄い世界だなと思って。そんなはずないよな?と思っちゃう。そこのチグハグ感が凄いですね」と、首をかしげていた。

 りんたろー。の疑問に、平石直之アナも「コロナ後のインバウンドに備えてというところも含めて、堂々とお迎えできる形…というのはあるのかな」と、ルール見直しの必要性を訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2022年7月1日のニュース