松本潤 ヤクルト時代の一茂にニアミス「僕の方がうれしいですよ」

[ 2020年7月23日 21:00 ]

嵐・松本潤
Photo By スポニチ

 「嵐」の松本潤(36)が23日放送のフジテレビ系「VS嵐」(木曜後7・00)に出演し、ゲスト出演した元プロ野球選手のタレント長嶋一茂(54)がヤクルト在籍時にニアミスした過去を語った。

 ヤクルトファンとして知られる松本は、伊藤利尋アナウンサー(48)から「松本君は神宮球場での一茂さんの姿をよく覚えてると思いますが」と話を振られると、「見てますね。小さいころ、ヤクルトとかはファン感謝イベントとか行ってました」と明かした。

 ファン感謝イベントは、シーズン後に選手とファンがグラウンドで一緒に催し物に参加できる、ファンにとってはたまらない企画。松本は「唯一、その時だけ一般の人たちがグラウンドに入れる。選手の人たちに触れ合う機会があって行ってました」と振り返った。

 現役の一茂にも「会ってます」といい、それを聞いた一茂は「それはうれしいですね」と感謝。松本が「僕の方がうれしいですよ」と返すと、なぜか一茂は「最近、『ごくせん』見てます。あれ、名作だね」と、再放送された松本の出演ドラマを挙げて感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース