高須院長、8度目がん手術からの“生還”を報告「死なないみたいだ。めきめき回復中。なう」

[ 2020年7月23日 22:40 ]

高須クリニックの高須克弥院長
Photo By スポニチ

 高須クリニックの高須克弥院長(75)が23日、自身のツイッターを更新。8度目となるがんの手術を無事終えたことを報告した。

 23日に8度目となるがんの手術を受ける予定だった高須氏。22日には自身のツイッターで「もうすぐ始まるよ。僕は冥界から実況放送」と、手術開始まで秒読み段階であることをつぶやいていた。

 23日夜、高須氏は酸素マスクをつけながらもポーズを決める姿の画像を張り付け、「生還なう」と“無事”を報告。フォロワーから続々と歓喜のコメントが寄せられると、さらに「パワーが世界中から送られてくるのがわかる 死なないみたいだ。めきめき回復中。なう」と高須節全開でツイート。心配するフォロワーたちを安堵させていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース