浜辺美波 PCR検査は陰性「横浜さんの1日でも早い回復を願っています」

[ 2020年7月23日 14:45 ]

女優の浜辺美波
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染した俳優の横浜流星(23)と日本テレビ連ドラ「私たちはどうかしている」(8月12日スタート、水曜後10・00)で共演する浜辺美波(19)が23日、公式ツイッターを更新。自身のPCR検査の結果が陰性だったことをあらためて報告した。

 浜辺は「ご報告」として「一昨日受けましたPCR検査結果において『陰性』と報告を受けましたので、お知らせ致します」と検査結果を報告し、「皆様にはご心配をお掛けして申し訳ありません」と謝罪。「濃厚接触者との判定は受けませんでしたので、引き続きお仕事に励んで参ります」とした。

 また「横浜さんの1日でも早い回復を願っています」と横浜の回復を願い、締めくくった。

 浜辺は公式サイトなどでも「弊社所属 浜辺美波の出演作品におきまして、共演者の方が7月20日(月)に受けた新型コロナウイルス抗原検査の結果が陽性だったことが判明し、翌21日(火)に当人も抗原検査及びPCR検査を受けました。本日7月23日(木)、全ての結果が陰性であることが判明いたしましたのでご報告いたします」と検査結果を公表。「当人は濃厚接触者にはあたらないという保健所からの判断もございました」とし、「仕事関係者の皆様、いつも応援して下さっているファンの皆様には、ご心配をお掛けいたしました。浜辺美波はこれまで通り、お仕事に励んでまいります」と記していた。

 21日に横浜が新型コロナウイルスに感染したと所属事務所が発表。主演舞台「巌流島」(8月6日初日、東京・明治座)の稽古から帰る途中の20日夜に倦怠(けんたい)感を覚え、発熱もあったため、医療機関で受診。抗原検査とPCR検査を受け、20日深夜に抗原検査で陽性と判明し、入院した。

 ドラマ「私たちはどうかしている」はこの日から撮影が当面の間、休止となった。横浜は直近では19日の撮影に参加。共演する浜辺や観月ありさ(43)、佐野史郎(65)らは21日に検査を受けた。同局は「放送開始日も検討中」としている。ドラマは現在、全8話のうち7話の後半まで撮影を終えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース