小倉智昭氏 新型コロナ対策「嫌なのは政府、知事、医者の言うことにあまりに開きが」

[ 2020年7月23日 11:43 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(73)が23日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に出演。政府が国民に旅行を働き掛ける観光支援事業「Go To トラベル」が始まった22日に日本国内の1日当たり新型コロナウイルス感染者が過去最多の795人となったことに言及した。

 1日当たりの新規感染者数は緊急事態宣言時の4月11日に確認された720人が最多だったが、これを上回った。東京では新たに238人が確認され、累計で1万人を突破した。

 小倉氏は「どうしても数をベースにして話をするんですが、国民として1番嫌なのは政府が言うことと、知事が言うことと、専門家の医者が言うことにあまりに開きがあって、どうすればいいか分からない」とぶ然とした表情で話した。

 政府は「Go To トラベル」を22日にスタートさせたが、東京都の小池百合子知事は同日、都民に23日からの4連休中の外出自粛を要請。日本医師会(日医)の中川俊男会長も同日の記者会見で、4連休を巡り「緊急事態宣言解除後、初の連休となる。我慢の4連休にしていただきたい」と呼び掛けている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース