ヘイセイ伊野尾 TOKIOの決断 松岡から事前に報告も「驚きました」

[ 2020年7月23日 08:41 ]

「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧
Photo By スポニチ

 「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧(30)が23日、フジテレビ「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)に生出演。事務所の先輩「TOKIO」の長瀬智也(41)が来年3月いっぱいで退所し、残る3人もジャニーズグループ関連会社として新会社「TOKIO」を設立、新たな道に進むと発表したことにコメントした。

 放送中のテレビ朝日「家政夫のミタゾノ」(金曜後11・15)で共演中の松岡昌宏(43)から「少しお話は聞いていた」という伊野尾は「それでも僕でも驚いたので、世間の皆さんは本当に驚いたんじゃないかなと思います」と明かした。

 長瀬は退所し、裏方としての仕事をメーンで活動することになる。「長瀬くんは本当にいろいろな活躍をされていて、その方が裏方でどんな活動するのかっていうのは3月以降楽しみ」としながらも「まずは3月までTOKIOの活動がありますから、どういったことが語られるのか、どういった活動するのか非常に楽しみ、見守りたいなと思います」と話した。

 残る3人も株式会社TOKIOを設立し、新たなスタートを切る。この発表に「驚きましたね」としつつも「これはTOKIOの皆さんが音楽は作って活動していたのはもちろんあると思いますけど、それ以外でたくさんのモノを作ってくださった方、こういう会社を作ってくださった。後輩としてはこういった道もあると示してくれて嬉しいと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース