大久保佳代子 TOKIOの決断に「ちょっと残念」も期待感「新しいことが始まっていく感じ」

[ 2020年7月23日 11:50 ]

オアシズ・大久保佳代子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(49)が23日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)に生出演。「TOKIO」の長瀬智也(41)が来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所し、残る3人も関連会社として新会社「TOKIO」を設立し、新たな道に進むことを発表したことにコメントした。

 番組で、冒頭から今回のTOKIOの決断について特集。番組MCの「バナナマン」設楽統(47)は「長瀬さんなりのビジョンがあるんでしょう。今後やっていくことを見て、それがみんなに伝わればってことなんですけど。長瀬さんの退所にも驚いたんですけど、TOKIOの3人が会社を設立するっていう発表も驚きました。今までにない感じ」と話した。

 大久保も「新しいことが始まっていく感じがしますね」と期待感を口に。「でも、TOKIOって5人でTOKIOだったから、ちょっとそうなってしまうのはちょっと残念ですけど」とアイドルグループとしての終わりに寂しがりつつも「大人の皆さんが話し合って納得してこういう形になったんだから、いい方向に進んでいくんだろうなという期待ですね」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース