加藤浩次「仲良いからこそ自分がやりたいことを尊重」 新たな道を進むTOKIOに

[ 2020年7月23日 09:16 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が23日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。ジャニーズ事務所が22日に、4人組グループ「TOKIO」の長瀬智也(41)が来年3月いっぱいで事務所を退所し、残る3人はジャニーズグループ関連会社として新会社を設立、「TOKIO」の活動を続けると発表したことにコメントした。

 加藤は「TOKIOってグループは本当に不思議でジャニーズ事務所に所属しながらバンドであって、皆さん楽器もしっかり練習しているし、しっかりしたバンドになってボーカルの長瀬君が作詞作曲したりっていうか、もうアイドルグループっていうか、バンドっていうイメージが強くなってきていた」と指摘。

 そして「メンバー自体は本当に仲良いですもん。仲良いグループなんだけど、やっぱりいろいろ話し合った結果、仲良いからこそ自分がやりたいことを尊重しているっていう感じが伝わってくる」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月23日のニュース