長澤まさみ 2カ月半遅れの主演映画初日 舞台挨拶で「感慨深い思いでいっぱい」 三浦春馬さんには触れず

[ 2020年7月23日 13:37 ]

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」初日舞台挨拶に登壇した長澤まさみ
Photo By 提供写真

 女優の長澤まさみ(33)が23日、主演映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(監督田中亮)の初日舞台挨拶にリモートで出席した。

 午前9時40分からの本編上映が終了した正午ごろ、無観客の劇場に東出昌大(32)、小日向文世(66)ら共演者6人と登壇。新型コロナウイルスの影響で2カ半月以上遅れた公開への思いを語る様子は、47都道府県の計201劇場に生中継された。

 長澤は「この日を迎えることが出来て安心したという気持ちと、とても感慨深い思いでいっぱいです」とあいさつ。「2カ月半ぐらい遅れての公開。延期になってからもこの作品を見る士気が高まっている感じがして、この作品のファンがどんどん増えていってるんじゃないかなというところがあって、うれしい気持ちでした。そして待ち遠しかったですね」と何度も大きく手を振った。

 小日向は「早くても秋か、下手すると年越しになっちゃうかなと思ってた」と本音を漏らし、「焦らせた感じで逆に良かったかね」と前向き。地方によっては雨の中、劇場まで足を運んでくれた観客に「初日にわざわざ、ありがとうございます。とにかくたくさんの方に見て頂いたら、もしかしたら、また来年ということになりますので是非宜しくお願いします」と“続編”へ期待を膨らませた。

 長澤は「この(作品の)世界がいつまでも愛され続けるといいなと思います。これで最後になるかどうか分かりませんが、過去作も今回の作品も、ずっとずっと、たくさんの人に見て頂けるように、これからもコンフィデンスマンとして頑張って行きたいなと思います」と笑みを広げた。

 この日は、小手伸也(46)、GENERATIONSの白濱亜嵐(26)、関水渚(22)、古川雄大(33)も”リモート舞台あいさつ”に参加。

 18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が天才恋愛詐欺師役で出演しているが、長澤らが急死について触れる場面はなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月23日のニュース