大竹まこと 室井佑月を“らしく”祝福「いいよね、向こう見ずで」

[ 2020年5月11日 14:09 ]

タレントの大竹まこと
Photo By スポニチ

 大竹まこと(70)が11日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に出演し、同番組に金曜パートナーとして出演している、作家でタレントの室井佑月(50)の結婚を祝福した。

 室井は前新潟県知事の米山隆一氏(52)と結婚することをスポニチアネックスが9日、報道。2人は10日に婚姻届を提出した。番組では、室井が報道各社へのファクスで「昨日、報道され、米山さんから“もうこうなったら早く籍を入れよ”といわれ、あたしも彼が好きなので、この勢いに任すことにしました」と、婚姻届提出の経緯を説明したことを紹介。すると大竹は「いいよね、向こう見ずで。勢い付いたらやっちゃえみたいな」と、大竹らしい言葉で結婚を喜んだ。

 大竹は以前から、室井の交際を知っていたという。取材で室井の印象を聞かれた際、「『いい女だと。きっぷもいいし、ズケズケ言うし、珍しいタイプだなと。近頃きれいになってるなあ。恋でもしてるんじゃないのかな?』みたいなことを言ったのよ」と明かした。実はその取材当時には耳に入っていたといい「ちょっとそのうわさを知ってた。ちょっと知ってたのね」と、思わせぶりなコメントの真意を説明。その上で「俺の口から発表するわけにはいかないから。そうなんだ。良かったですね」と、周囲に漏らすことはなかったという。

 室井と米山氏は昨年12月に知り合い、交際約5カ月のスピード婚だった。大竹は「去年の12月の話だから、結構早いんだよね。あっという間だよね」と驚いた。

 室井が出演する金曜日はほかに、お笑いコンビ・どぶろっくも出ている。大竹が「どぶろっくがいて、室井がいて、がちゃがちゃで、『大きなイチモツを下さい』みたいなことになってて、いろんな意味で熱量が高いんですよ」と、どぶろっくの持ちネタを絡めて感想を語ると、阿佐ヶ谷姉妹・木村美穂(46)は「その点、月曜日はかっさかさな空気が漂ってる」と自虐を込めてコメントしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース