鶴瓶“アベノマスク”に苦言「周り誰もしてないで」「小さくて“絆創膏”かと思った」

[ 2020年5月11日 16:27 ]

落語家の笑福亭鶴瓶
Photo By スポニチ

 落語家の笑福亭鶴瓶(68)が10日、MBSラジオ「笑福亭鶴瓶のMBSヤングタウン」(日曜後10・00)に出演。新型コロナウイルスの感染防止策として、政府が1世帯に2枚配る布マスクについて批判する場面があった。

 「マスクもだいぶ買えるようになりましたね」という共演者の報告に、鶴瓶は「だからもう送らんでエエねん、あの布マスク。なんで“あの人”はあんな小さいマスクしとんねん」とチクリ。「おれ、最初“絆創膏”かなと思った。なんとかせいって、周り誰もあんなマスクしてないで」と配布の遅れもあり、普及してないことを批判した。

 また「考えたらね、マスクも中国製、防護服も中国製、日本にある薬も中国製なんですよ。中国が牛耳ってるところがあるんですよね。それをちゃんと理解しないとね」と、中国頼りの現状から方針転換していくべきとも訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース