小倉智昭キャスター、加藤厚労相の発言に「私も相当怒りました。本当に誤解や勘違いであれば…」

[ 2020年5月11日 10:48 ]

キャスターの小倉智昭氏
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(72)が11日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)にリモート出演。新型コロナウイルス感染が疑われる人の相談や受診の目安について、厚生労働省がこれまで表記してきた「37・5度以上の発熱が4日以上」などを削除した新指針をめぐる加藤勝信厚労相の発言を批判した。

 厚労省は目安について、発熱やせきなどの軽い風邪症状が続く場合には、すぐ相談するように変更。従来の「37・5度以上」という体温の目安は削除した。加藤厚労相は「目安ということが、相談とか、あるいは受診の一つの基準のように(とらえられた)。我々から見れば誤解であります」などと説明した。

 批判が殺到している加藤氏の発言について、小倉氏も「この言葉には皆さん同様、私も相当怒りました」とコメント。「本当に誤解や勘違いであれば、あれだけ報道されているわけですから、その段階で“私たちの言い方が悪かったかもしれないけど、皆さんの受け止め方が違います”とそこで訂正するでしょう。これだけの問題なんだから」とあきれ顔だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース