上沼恵美子「元気で、元気で」冠ラジオに電話出演 5週ぶり“生声”で近況報告

[ 2020年5月11日 12:15 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(65)が11日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)に電話生出演した。

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を受け、上沼も大事を取り、先月13日の放送から当面の間で同番組への出演を自粛。緊急事態宣言が出ている間は、隔週で出演しているお笑いコンビ「シャンプーハット」てつじ(44)、「キングコング」の梶原雄太(39)も出演を見合わせている。

 この日も番組冒頭で、北村真平アナウンサー(35)が「今週も上沼さんには、もしものことが万が一にでも起こってはいけないということで、共演者であるシャンプーハットのてつじさん、キングコングの梶原さんとともに、『こころ晴天』をお休みしていただいております」とアナウンス。その上で「リスナーさんからも上沼さんの声が聞きたいと毎週のようにメールが届く」というリクエストに応えて、上沼が電話出演した。

 上沼は電話から「ごぶさたでございます。上沼でございます」とあいさつし、体調を「元気で、元気で」と報告。出演自粛について「朝日放送さんから“何かあってはいけない”ということでお止めいただいてるのは光栄なんですけど」とした上で「こんだけ長くなってきたら、もう、(スタジオに)行きたい」と待ち望んだ。

 一方、自宅では「なんにもすることない」と話し、「何をしてるってよく聞かれますけど、何をしてんのやろ。棒高跳びかな。棒高跳びは好きなんですよ。天井が高いのでできるんです。でも、それも飽きた」と笑いを誘った。

 続けてリスナーへ向けて「毎週、毎週、すみません。ご迷惑をおかけしますが上沼は元気でやっておりますので、(スタジオ出演を)心待ちにしてもります」と話し、「皆さんもどうか、どうか、今が頑張りどころですよ。頑張ってくださいよ!私も頑張ってますんで」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース