室井佑月 婚姻届提出を報告「今度こそ添い遂げたい」お相手米山前新潟県知事が「役所に走りました」

[ 2020年5月11日 05:30 ]

作家でタレントの室井佑月
Photo By 提供写真

 作家でタレントの室井佑月(50)が10日、前新潟県知事の米山隆一氏(52)と結婚したことを所属事務所を通じて発表した。この日夜、米山氏が自身の地元、新潟県魚沼市役所に婚姻届を提出した。再婚となる室井は「今度こそ最後まで添い遂げたい」としている。米山氏は初婚。

 発表によると、2人の結婚を伝えた9日夜の「スポニチアネックス」のニュースを受け、米山氏がこのチャンスを逃すまいと「もうこうなったら早く籍を入れよう」と提案。室井は「あたしも彼が好きなので、この勢いに任すことにしました。じつは、あたしがいちばんこの流れに驚いております。5月10日、リレーのように渡された婚姻届に署名捺印(なついん)し、米山さんが役所に走りました」と経過をつづった。

 2人は知人を通じて知り合い、昨年末から交際。今年2月に米山氏が「ほかの人に取られたくない」とプロポーズした。知人は「10日は母の日。米山さんは母親を喜ばせたい、安心させたいという気持ちもあったようです」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース