前澤氏、長友を強力バックアップ!「ひとり親支援プロジェクト」に500万円寄付

[ 2020年5月11日 19:35 ]

 インターネット衣料品通販大手「ZOZO」の創業者で前社長の前澤友作氏(44)が11日、自身のツイッターを更新。サッカー日本代表の長友佑都(33=ガラタサライ)が進めるクラウドファンディング「ひとり親支援プロジェクト」に500万円の寄付をしたことを明かした。

 前澤氏は、長友の「残り5時間!沢山の支援ありがとうございます!皆さんよろしくお願い致します!」とのツイッターを引用すると「長友さんのひとり親支援に500万円寄付しました。頑張ってください!」とツイート。締め切りが近づく中、長友にとって大きな援軍となった。

 長友が進めてきた「ひとり親支援プロジェクト」とは、これはコロナウイルスの影響下で困窮を極めるシングルマザーを支援をしようというもの。目標金額を5000万円に設定しており、11日23時の締め切り4時間前の時点で、寄付総額は4000万円を突破している。

 前澤氏は9日に「シングルマザー&ファーザーの皆さん」への応援基金創設をツイッター上で表明。志を同じくする長友へ、力強い後押しとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース