田中みな実 気分転換のための外出に持論「外に出ることが悪なのではなくて…」

[ 2020年5月11日 12:51 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー田中みな実(33)が9日放送のTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)で、精神的バランスを保つための適度な外出について持論を語った。

 ゲスト出演したタレント・ハリー杉山(35)とのトークで、「今、完全にすべてがストップしちゃってる人たち、1人暮らしで男の人でも女でもそうだけど、孤立しちゃっている人が多いんじゃないかなと思ってて」と、精神的な孤独に耐えている人たちに言及。その上で、「『ステイホーム』というのは、おうちにいて感染拡大を防止するためにというためなんだけど、外に出ることが悪なのではなくて…」と語った。

 さらに、気分転換に走るというハリーの話を引き合いに「ハリーくんみたいに、気分転換で走りに行くというのは、きちんとマナーを守り、人との距離を取り、混み合っているところに行かなければ、むしろ精神面を保つ意味ではとっても大切なことなのかもしれないよね?」と呼びかけた。ハリーも「全面的なロックダウンではないので、外出禁止ではないので、外に行くことは正直、してほしいと思う」と、気分転換の必要性を説いた。

 番組の収録は4月末に行われたが、田中は再開のメドが立った撮影の準備のため、美容院に行ったという。「それをよく思わない人もたくさんいると思う。批判する人もたくさんいると思う」。批判的な意見も覚悟しつつ、「声を大にして『美容院に行ってきました』とは言わないけれど、こうやってメディアでお話しすることで批判もされると思うけど、気持ちがふさぎ込んじゃうなら、美容院に行って、髪を切って、リフレッシュするっていうのも、みんながみんなじゃなければいいと思う」と語った。

 外出することが一律で不謹慎と取られがちな風潮についても語り合った。ハリーが「必要以上にみんなセンシティブ(神経質)になっちゃっていると思うんだよね」とコメントすると、田中も「自分のことだけじゃなくて、他の人たちの行動に対して、あれこれ言いすぎだと思うし、考えすぎだと思う」と応じていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース