安藤優子キャスター 舞台“再開策”を提案「透明のマスクをして 見に来る方も…」

[ 2020年5月11日 14:06 ]

安藤優子
Photo By スポニチ

 安藤優子キャスター(61)が11日、MCを務めるフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自粛中の舞台の再開に向けての“対策”を提案した。

 番組冒頭、安藤キャスターは、リモート出演の俳優の高橋克実(59)に「知事たちが会見する時に手話通訳の方がつきますよね。その方たちがしている透明のマスクをして舞台をしたらどうですか」と、手話通訳の人が、口の動きが見えやすいようにするために使用している透明マスクを提案。

 高橋が「そうすると役者のつばが飛ばないってことですよね」と聞くと、「見に来る方もマスクし、座席の間隔を離し、拍手以外は控える。成立しません?どうですか」とさらなる“対策”も話した。これに、高橋は「いいですね。これはぜひ舞台の人たちには明るいニュースになるようにどんどん発信し続けてください」と同調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース