五大路子 一人芝居「横浜ローザ」公演中止を発表、一度は延期も「総合的に検討してやむなく」

[ 2020年5月11日 15:53 ]

五大路子
Photo By スポニチ

 女優の五大路子(67)が主演する舞台「横浜ローザ」の公演中止が11日、自身のブログで発表された。

 この日は管理人からの発表として更新され、「5月公演から延期し、2020年8月14日~8月18日に開催を予定しておりました『横浜ローザ』公演ですが、この度の新型コロナウイルスの感染症予防対応のため、状況を総合的に検討してやむなく本年度の公演を中止することとなりました」と伝えた。

 続けて「公演を楽しみにお待ちいただいたお客様におかれましては大変申し訳なく、ここに改めて深くお詫び申し上げます。上記事情をご賢察のうえ、ご理解くださいますようお願い申し上げます」と謝罪し理解を求めた。

 最後に「なお、来年度は、横浜ローザの25周年という節目の公演を、5月に開催する予定となっております。皆様とまた来年、元気でお会いできることを祈っています。横浜夢座座長 五大路子」と、来年公演予定であることを伝えて締めくくった。

 「横浜ローザ」はかつて横浜に実在した白塗りの老娼婦(しょうふ)「メリーさん」をモデルにした一人芝居で20年以上にわたって上演してきた。今年の公演は当初5月に予定していたが、3月に延期を発表していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年5月11日のニュース