「すげぇぜ松本さん」トレエン斎藤“芸人救済策”に「器がデカすぎる」 申し込みは…

[ 2020年5月4日 14:43 ]

トレンディエンジェルの斎藤司
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司(41)が4日、自身のブログを更新。ダウンタウン松本人志(56)の“芸人救済策”に感謝した。

 この救済案は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で生活苦となっている芸人のために、ポケットマネーで1人上限100万円を無利子無担保で貸し付けるプランで、返済期間は5年間というもの。

 斎藤は「これは芸人みんなにお知らせとして来ていたけれど、ほんとにすげぇぜ松本さん。自分のことだけ見てしまいがちな昨今。こんなピンチの時にも背負ってる器がデカすぎるぜ。横綱が優勝したときの酒飲む器よりでかいよ。スーパースターだよ」と、コメント。松本だけでなく、今田耕司(54)も、後輩芸人に「休業お見舞い」として、高額商品券をプレゼントしたことを明かしている。「今田さんにも子育て家族に5万円の商品券を頂いたりと、とにかく弊社先輩がデカすぎます」、吉本興業の先輩らに感謝した。

 一部では、松本や今田のような動きを「吉本がすべき」と指摘する声も上がっているそうだが、「吉本もめちゃくちゃすごいサポートしてくれてます!劇場で無くなってしまった分は50パー補填してくれたり、もちろん必要な人には貸しますというお知らせも来ている状況。だからぼくだって決して近い未来のことを考えたら楽観できないけど、それでも笑ってインスタやアメブロの更新に命をかけられるってもんですよ」と事務所にも謝意を示した斎藤。「いやぁ、コロナ終わったら大恩返しだね。みんなめちゃくちゃ笑い取ると思いますよ」と続けた。

 松本は、お金を貸す条件として「おもろいやつ」と提示しているが、「P.S.ぼくは松本さんのは申し込んでいません。切羽詰まる状況はもう少し先なのと、やはり最後の条件が。。。爆」と自虐気味につづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月4日のニュース