小嶋陽菜 新型コロナ防止用?帽子を販売「気休めになればと思って」

[ 2020年5月4日 19:59 ]

元AKB48の小嶋陽菜
Photo By スポニチ

 元AKB48のタレント小嶋陽菜(32)が4日、新型コロナ感染防止に考案したオリジナルの帽子を、自身がプロデュースするブランド「22;MARKET」でこの日から販売すると、同ブランドのツイッターから発表した。

 つば広帽の前面に、飛まつを防げそうな透明なビニールのシールドが付いたもの。小嶋は自身のツイッターで、「ファッションで気休めになれば、、と思って作ってたの2ヶ月くらい忘れてた」と、自ら帽子をかぶった画像を公開していた。その後、ブランドのアカウントで「本日20時より『22M PVC HAT』を販売します。22marketでも何か出来ればと思い、1500円(税別)で販売させていただきます」と告知された。

 ツイッターに「このシールドは取り外しできますか??」と質問が寄せられると、小嶋は「取り外しできないのよ いらない時が来たら、みんなでブチ取りましょう」とコメントした。

 「ブチ取る」という表現の豪快さがファンには響いたようで、「ぜひその時が来たらYouTubeライブでブチ取りの儀式(?)開催しましょう」、「ブチ取る日を楽しみに自粛頑張りましょ」などと返信が届いている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月4日のニュース