カンニング竹山 赤江アナ退院は「もうすぐみたい」 LINEで「元気そうですよ」

[ 2020年5月4日 13:16 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・カンニング竹山(49)が4日、月曜パートナーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」(月~木曜後1・00)に出演。新型コロナウイルスに感染し、入院中の番組パーソナリティーで、フリーアナウンサーの赤江珠緒(45)とのLINEのやり取りを明かした。

 この日は赤江アナの代役で同局の出水麻衣アナウンサー(36)が出演。5年ぶりの同番組への出演に出水アナは「赤江珠緒さんが療養中ということで、私が出張ってまいりました」とあいさつし、番組のサイトで赤江アナが寄せた“アビガン”の治療に関するメッセージを掲載していることを紹介した。

 すると、竹山は「なんか元気そうですよ。しゃべってないけど、LINEやり取りしてたら、結構のんきなスタンプを貼ってくるよ。全然元気なんじゃない?全然大丈夫なんですー!って送ってくるよ」と告白。「(スタンプは)漫画のちょんまげ系…侍とか町娘とか、そんなのよく送ってくる」とし、「不思議な人ですけど、今も元気に病院で聞いているかもしれない。(退院も)もうすぐみたい」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月4日のニュース