櫻井翔、自宅で「ずっとできなかった」ことができたと告白 池上彰氏とリモートトーク

[ 2020年5月4日 19:30 ]

「嵐」櫻井翔
Photo By スポニチ

 嵐の櫻井翔(38)が司会を務める日本テレビ特番「櫻井翔×池上彰 教科書で学べないニッポンの超難問」(月曜後7・00)が4日放送され、一部生放送の場面にリモートで生出演した。

 先月29日に収録し、司会者以外のゲストはリモートで出演。ただ櫻井は2日前の27日に体温が一時、平熱よりやや高かったため欠席した。28日以降は平熱に戻っており、オンエア当日に一部生放送でリモート出演する方向で調整していた。

 番組冒頭で「ご心配をお掛けしました。先月27日、体調はいつもと変化はなかったのですが、検温したところ微熱だったので外出を控える判断をさせていただきました。体調も変わらず、ずっと平熱なので元気です。本当にただの微熱だったのですが、頭のどこかに“もしかしたら”という不安がありました」と報告。「念には念を入れて、池上さんとは離れた場所からお伝えします」と語り、ジャーナリストの池上彰氏(69)とは別の場所から出演した。

 池上氏から「この期間、家でどんなふうに過ごしていたのですか」と質問を受けると、「家から一歩も出なかったのですが、ずっとできなかった室外機の掃除をしてました。とても室外機が奇麗になりました」と笑顔で答え、池上氏の笑いを誘った。

 また、「嵐のほかの4人のメンバーとビデオでつないで、打ち合わせすることをビデオ会議で話したりしてました」と、嵐メンバーとのやり取りも明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月4日のニュース