安藤優子氏 緊急事態宣言延長に「私たちの精神的なものが、どうやったら持ちこたえていけるのか?」

[ 2020年5月4日 17:14 ]

安藤優子
Photo By スポニチ

 ニューキャスターの安藤優子氏(61)が4日、フジテレビ番組で新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の延長に関連し、「私たちの精神的なものが、どうやったら持ちこたえていけるのか?」と視聴者に問いかけた。

 「バイキング」(月~金曜前11・55)から、自身がメインキャスターを務める「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)にリレーする際に、この日の主なニュースを紹介。番組終了後の夕方には、安倍晋三首相が緊急事態宣言の延長を伝える予定を説明しながら、「新型コロナウイルスとの戦いが長期に及ぶということを前提にしまして“新しい生活様式”なるものがどうやら提言されそうです」と伝えた。

 「新しい生活様式」については、「一口に言いますと、人と接触しない生活を続けるということなんですよね」と指摘。「例えば家族で食事する時も、横並びで食べましょうとか。向き合わないでね」「今日、何月何日、誰とどこで会ったとか、行動の記録をメモしましょうとか」と具体的に挙げ、「そういうふうなことが提言されるのではないかとみられるんですが」と解説した。

 そのうえで「私たちの精神的なものが、どうやったら持ちこたえていけるのか?これも大きな課題となりそうな気がしてきました。人と人との接触を断つということは、こんなにつらいことかということを改めて思います」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月4日のニュース