アンミカ ナイナイ岡村の不適切発言に「下ネタにもギャグにもなってない」笑ったスタッフにも苦言

[ 2020年5月4日 15:30 ]

モデルのアンミカ
Photo By スポニチ

 モデルのアンミカ(47)が4日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、ナインティナインの岡村隆史(49)の不適切発言を批判した。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、岡村は4月23日深夜のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、「コロナが終息したら美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」などと発言。批判を浴びて、その後謝罪した。

 アンミカは「個人的によくご一緒させていただいてて。会うと穏やかな方なんですよね。本当ホッとする」と仕事で共演したりする際の人柄を紹介。「だから発言のギャップにまず驚いてしまって…」とラジオ発言に落胆した。

 「やっぱり今はお互いが支え合って思いやるってことが言動にとって、とても大事な時じゃないですか。コロナの自粛のタイミングで、コロナっていう要因で経済的に困窮して選択をせざるを得ない人を笑うっていうのは、下ネタにもギャグにもなってないですし」と批判。「これも、人間的に不信感を持たれてしゃあない発言です。むっちゃつらかったし、ビックリしました」と切り捨てた。

 「ただね、彼の発言も問題ですけど、発言直後に“今の不適切や、すぐに謝罪しな”と指示が出来なかった、大人の良識のあるスタッフがいなかったのがすごい残念で。これが火に油を注いだし、これ聞いた時にビックリした女性、他の方々の気持ちに油を注いだと思うんですよね」と、岡村の周囲で笑い声を発していたスタッフについても言及。

 「これ、岡村さんと(ともに)スタッフの方々も一緒に学んでいく必要があると思うんですよ、この問題を」と不快感をあらわにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年5月4日のニュース