ジャニーさん 裏方徹し姿見せず、ギネス認定で一度だけ“解禁”

[ 2019年7月10日 05:30 ]

ギネスブック2012年版に掲載されたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の写真。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」の2部門で認定された
Photo By 提供写真

 SMAPや嵐など、数多くのトップアイドルを生み出したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)が9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため、都内の病院で死去した。87歳。米ロサンゼルス出身。6月18日に体調不良を訴え救急搬送され病院に入院していた。

 公の場には姿を見せず、裏方に徹したジャニーさん。一般的には素顔はベールに包まれていた。「タレントのイメージを周囲のスタッフが少しでも損なってはファンに申し訳ない」と話していた。

 それが一度だけ“解禁”されたのは2011年。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」などに認定されたギネスブック12年版に、キャップにサングラス姿の顔写真が掲載された。その際、ジャニーさんは掲載を承諾した理由を「(一部メディアに)隠し撮りされたのが悔しくてしようがなかったから」とちゃめっ気たっぷりに説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース