ジャニー社長を悼む ジャニーズWEST「僕にとってヒーローでした」

[ 2019年7月10日 19:05 ]

ジャニーズ事務所の外観
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「ジャニーズWEST」のメンバーが10日、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため9日午後に都内の病院で死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)を悼んだ。

 コメント全文は以下の通り。

 ▼桐山照史 ジャニーさんがお亡くなりになられたと聞いて未だに信じられない気持ちです。まだ明日起きたらYOUお腹空いてない?YOU達もコンサート出ちゃいなよ。と声が聞こえそうです。ジャニーさんには本当に感謝してもしきれないぐらいです。自分の歩く道を作ってくれました。自分達がデビューする時に「僕が育てた子供達がいつでも何処でも輝いてくれる事が僕の夢」って言ってくれたのを胸にこれからも輝き続けられるように邁進していきます。

 ▼中間淳太 ジャニーさんの訃報、大変悲しく思います。僕たちジャニーズWESTは、それぞれデビューのお願いだったり、ジャニーさんと沢山コミュニケーションをとっていたグループだったと思います。僕たちのお話も悩みも、沢山沢山聞いていただきました。それはきっと、僕たちだけではなく、どのグループもだと思います。所属タレント1人1人に、ジャニーさんとの想い出があります。これだけ1人1人の人間に向き合って、親身になってお話を聞いてくださる社長は、世界中を探したって中々いないと思います。そんなジャニーさんと出逢えたことが、自分の人生の中での最大の幸せな出来事だと胸を張って言えます。ジャニーさんの名前が入った、このジャニーズWESTというグループをこれからも大切にしていきたいと思います。ジャニーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。ジャニーさん、本当にありがとうございました。

 ▼神山智洋 この度はこのような結果になってしまいとても残念でなりません。ジャニーさんには生前、ジャニーズJr.時代主に関西での仕事が中心であったころから関西に足繁く通って頂きコンサートや舞台等を見て頂き沢山の指導やアドバイスを頂きました。ジャニーズ事務所のタレントとして活躍出来ているのはオーディションで僕を見つけてくださったことから始まり、沢山のお仕事を頂き、ファンの皆様や関係者の皆様との出会いを頂いたことにあると思っています。そんな芸能界の父であるジャニーさんには感謝の言葉だけでは伝えきれない程の恩を頂きました。ジャニーズWESTとしてデビューをさせて頂けたのも、ジャニーさんが僕達からのお願いを受け入れてくださったのがきっかけでございました。ジャニーズWESTとしてデビューをさせて頂けたこと、ジャニーズWESTのメンバーと出会わせてくれたこと、ジャニーズWESTのメンバー一同、とても感謝しています。天国で見守ってくれているジャニーさんにも届くように今後の芸能活動、より精進してまいります。楽しいことが大好きだったジャニーさんへ僕達とファンの皆様、そして関係各所の皆様との笑顔を届けられるよう精一杯務めてまいります。

 ▼濱田崇裕 ジャニーさんが亡くなられてしまったことをとても悲しく思います。僕たちジャニーズWESTにジャニーさんは本当に家族のように接してくれました。返しきれないご恩と愛情をありがとうジャニーさん。最後にジャニーさんの顔を見てお別れをしました。しんみりした空気は嫌いなジャニーさんだったので、明るくお別れをしました。心よりご冥福をお祈りします。

 ▼藤井流星 ジャニーさんへ ジャニーさん、長い間お疲れ様でした。僕は、昔あまり積極的にジャニーさんと喋れるタイプではなかったけれど、ここぞ!と言う時に悩み相談やお願い事を電話でした時に絶対に話を聞いてくれてそれに答えてくれたり助けてくれたりした時の事を思い出すと、ジャニーさんの言う「タレントはみんな息子」という言葉が今、再度身に染みて思います。困った時は絶対助けてくれていた、そんなジャニーさんは僕にとってヒーローでした。そして、ジャニーさんの名前が入ったジャニーズWESTというグループ名をつけて下さって、メンバーに出会わせてくれてありがとうございます。この名前に恥じない様、これからも精進します。ジャニーさんのいつまでも新しいエンターテイメントを求めて作り続ける背中は人として、男として尊敬しています。これからもジャニーズを盛り上げ続けて、天国のジャニーさんがずっと笑顔で居られる様にジャニーさんが作り上げたエンターテイメントをもっと日本中、世界中に発信していける様に全力で頑張るからずっと天国から見守っていてください!ジャニーさんの息子になれた事は僕の人生で一生の宝物です。本当に本当に長い間お疲れ様でした。ありがとうございました!

 ▼重岡大毅 ジャニーさんには感謝してもしきれません。エンターテイメントの世界を教えていただき、招き入れてくれたから、今の僕がいます。かけがえのない経験や仲間達にも出会え、僕を育ててくれました。天国でいつまでも僕達を見守ってて下さい。今までありがとうございました!本当にお疲れ様でした!

 ▼小瀧望 ジャニーさんに出会えたこと。ジャニーさんと同じ時間を過ごせたこと。そして、ジャニーさんの長きに渡るプロデューサー人生において、その作品の一部になれたことを誇りに思い、感謝しております。まだ心の整理が付かず、ただ悲しみと喪失感を抱えています。現実を受け止めきれません。ジャニーさんは事務所社長というより、僕たちを息子のように可愛がってくださり、時に叱ってくださる、僕たちにとって特別すぎる存在でした。大きな愛とユーモアで僕たちを包んでくださり、どんな時も支えていただきました。そんなジャニーさんを心から愛しています。長いプロデューサー人生お疲れ様でした。ゆっくり僕たちのことを見守ってください。そして、安らかにお眠りください。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース