ジャニーさん 米育ちで自然に出た「ユー」、その裏に気遣いも

[ 2019年7月10日 05:30 ]

ギネスブック2012年版に掲載されたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の写真。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」の2部門で認定された
Photo By 提供写真

 SMAPや嵐など、数多くのトップアイドルを生み出したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)が9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため、都内の病院で死去した。87歳。米ロサンゼルス出身。6月18日に体調不良を訴え救急搬送され病院に入院していた。

 所属タレントを「ユー」と呼ぶことで知られたジャニーさん。2015年の元日、故蜷川幸雄さんのラジオ番組に出演した際にその理由を語っていた。「アメリカ育ちだから瞬間的に出てしまう。痛い時“アウチ”と言ってしまうのと同じ」という理由とともに「(タレントが多くて)ユーとしか覚えられない」とも告白。出演前に見ていた舞台に出ていたメンバーも「自慢じゃないけど覚えてない」と話した。名前を間違えて傷つけたくないとの気遣いもあったとされる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース