春風亭昇太、結婚発表時は婚姻届提出していなかった「もう提出したみたい」

[ 2019年7月10日 13:59 ]

結婚相手の似顔絵を手に会見する春風亭昇太(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 落語家の春風亭昇太(59)が10日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)で婚姻届を提出したことを報告した。

 6月30日の「バンキシャ」(日本テレビ、後6・00)に生出演し結婚を発表した昇太だが、「テレビで発表した時は入籍していなかった。もう役所に提出したみたい」と最近になって、宝塚OGの夫人が提出したことを明らかにした。結婚を極秘に進めていた理由については「ギリギリまでわからないじゃないですか。直前にダメになってしまうかもしれないし…」とし「僕なんか大変ですよ。事前に言っておいてダメになったら世界中の笑い者になっちゃうから」と話した。

 また、落語家として夫人に言っておきたいこととして「楽屋に顔出すな。落語家の奥さんは何か急用があってもすぐ帰ってしまう。よく歌舞伎の世界とごちゃ混ぜになっているが、落語家の奥さんで楽屋に顔を出す人はほとんどいない」とし「出禁、出禁です」と声を大にして宣言していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース