モー娘。OGたちが恐怖体験を語る 飯田「家に帰るとFAXが流れてきて『おかえり』って…」

[ 2019年7月10日 23:04 ]

飯田圭織
Photo By スポニチ

 元「モーニング娘。」の飯田圭織(37)と矢口真里(36)、保田圭(38)が10日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演。現役時代に自身に起きた恐怖体験を語った。

 最初に、飯田が「私は北海道出身だったので、15、16歳から一人暮らしをしていました。その日も普通に帰宅すると、いきなり電話が鳴り始め、FAXが送られてきたんです。そこには『おかえり』って書いてあったんです…」と話し、共演者を凍り付かせた。「多分、どこか見ていたのかも」と話し原因はわからなかったという。

 また、矢口が「私は普通に痴漢とかされました」と語り「ある日、夜道で胸をガシッと掴まれました。横を見るとワンボックスカーが止めてあり、このままだとさらわれる!」と思った矢口。とっさに変装用にかけていたサングラスを外し「私、私、矢口だよ!ニュースになるよ!」と声を出すことで犯人は逃げ、撃退に成功したという。

 二人の壮絶な体験を受け、保田は「私は全然ないですね」と即答し、スタジオの笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース