徳光アナ ジャニーさんの秘話告白「何とか郷ひろみを超えるものをと…」

[ 2019年7月10日 10:55 ]

フリーアナウンサーの徳光和夫
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの徳光和夫(78)が10日、日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。9日午後に解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため、都内の病院で死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)のこれまでの功績を称えた。

 徳光アナは「ジャニーズのタレントさんのパーティーで喋ったり、麻雀をご一緒にさせてもらったり。また、野球通なので野球の話もした」とジャニーさんとの交流を明かした。続けて「アイドルのグループをたくさん育てたこともさることながら、アイドルの人たちの将来の道しるべを全部作った。SMAPにしても嵐にしても、みんなそれぞれ性格が違ってファンも違う。こういったコンセプトをジャニーさんはしっかり考えていらっしゃった」とそのプロデュース力を評した。

 さらに、ジャニーさんと歌手の郷ひろみ(63)との秘話についても告白。「ジャニーさんが郷ひろみに出会った時に“単独のアイドルからエンターテイナーにいける”と思ったそうなんですが、色々事情があって郷さんがジャニーズ事務所を出ますね。その後、かなり悩んだらしいんです。“何とか郷ひろみを超えるものを”というお考えを持っていたみたいで。それが、たのきんトリオに出会った時にとにかくこの子たちを育てて郷ひろみ以上にしたいという気持ちを伺ったことあるんです」と振り返り「その辺が大変な実績なのではないかと思います」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース