風間俊介、内博貴、中山優馬らがジャニーさん悼む 内は「失敗して成長して行くものなんだと」

[ 2019年7月10日 19:10 ]

ジャニーズ事務所の外観
Photo By スポニチ

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)が9日午後、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため都内の病院で死去したことを受け、同事務所所属の風間俊介(36)、屋良朝幸(36)、長谷川純(33)、内博貴(32)、浜中文一(31)、中山優馬(25)が10日、事務所を通じてコメントを発表した。

 コメント全文は以下の通り。

 ▼風間俊介 仕事を始めてから出会った全ての人は、ジャニーさんに出会ったから会うことができた人たちです。これからも、ずっとそうだと思う。有難うございました。楽しかった。ジャニーさんに出会ってから、ずっと楽しかったです。見たことが無かった景色、知らなかった世界。全てがジャニーさんに出会わなければ、出来なかった経験です。有難うございました。

 ▼屋良朝幸 ジャニーさん 本当にお疲れ様でした。入所して24年が過ぎた今。エンターテイナーとしてジャニーさんに認めてもらえなかったけれど、いつか「YOU 最高だよ」と言ってもらえる時が来ると信じて自分の道を作ってきたけれど、その夢は叶わなかった。とても悔しいです。でも、エンターテイナーとしてお客さんを楽しませる作り方、誰にも真似できないような演出。沢山、勉強させて頂きました。本当にかけがえのない物を与えてくれました。これからは更に自分のスタイルを貫いてパフォーマンスして行くから、たまには見ておいてほしいな。ジャニーさんの“最高”って言葉をどこかから貰えるように。もう少し走ってみようと思います。心からありがとう!

 ▼長谷川純 感謝の言葉、ジャニーさんありがとう。何も知らない普通の少年が、ジャニーさんのおかげで【夢】を知りました。ジャニーさんおかげで“道”を見つけることができました…。
 ジャニーさんと過ごしたかけがえのない時間は、僕にとって一生の宝物です。Forever Young これからもみんなの“笑顔”と“希望”をたくさん生み出していこうね。ジャニーさん、ずっと一緒だよ。

 ▼内博貴 今は正直まだ現実を受け止め切れてませんが、ジャニーさんへの思いを書かせて頂きます。僕にとってジャニーさんは第2のお父さんのような存在でした。今でも覚えてるのは大阪から東京に来る度に、東京駅に車で迎えに来てくれて自ら運転して稽古場まで行ってました。終わった後は良く焼肉屋さんやラーメン屋さんや色々な所に連れて行ってくれました。
僕が昔、不祥事を起こしてしまい、自分なりにケジメをつけようと思い直接辞めさせて頂きますと言ったら、内お前はそんなに自分勝手なのか?我慢というものを知らないのか?と、人生というものは誰しも失敗して成長して行くものなんだと。強く説教されたのを覚えてます。それがあって今の僕が居るんです。ジャニーさんとの思い出はここでは書けない程沢山あります。
ジャニーさんが居なくなっちゃったなんて、本当にまだ信じられません。こんなの夢であって欲しいと強く思ってます。長文失礼致しました。最後に、ジャニーさん大変お疲れ様でした。普段から全然寝てなかったと思うから、ゆっくりお休みして下さい。そして、ありがとうございました。

 ▼浜中文一 ジャニーさん、僕を見つけてくれてありがとう。出会ってくれてありがとう。僕たちは幸せ者です。これからもジャニーさんに褒めてもらえるように一生懸命やるので、僕たちの事を見ててください。

 ▼中山優馬 ジャニーさんの姿勢、人柄から本当にたくさんの事を学びました。伝えきれない程感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうジャニーさんお疲れ様でした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月10日のニュース