ジャニーさん 事務所発表要旨「愛に包まれ人生の幕下ろした」

[ 2019年7月10日 05:30 ]

ギネスブック2012年版に掲載されたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の写真。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」の2部門で認定された
Photo By 提供写真

 SMAPや嵐など、数多くのトップアイドルを生み出したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(本名喜多川擴=きたがわ・ひろむ)が9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため、都内の病院で死去した。87歳。米ロサンゼルス出身。6月18日に体調不良を訴え救急搬送され病院に入院していた。

 【事務所発表要旨】
 ジャニー喜多川は永眠いたしました。

 タレントたちと過ごすことでジャニーの容体が一時的に回復するという奇跡的な出来事を繰り返し目の当たりにし、改めまして、ジャニーのタレントに対する育ての親としての深い愛情と子供たちとの絆の強さを感じました。そして、最愛の子供たちの愛に包まれながら、ジャニー喜多川は人生の幕を下ろしました。

 ジャニーは病に倒れる直前まで、劇場やスタジオに赴く日々を過ごしておりました。特に公演を目前に控えたJr.達に、連日、熱心に指導する姿はジャニーのプロデューサー人生そのものであり、まさに生涯プロデューサーとしての人生を全ういたしました。

 ジャニーが私たちに最後まで言い続けていたことは、自身の意思を受け継いでくれるタレントを絶え間なく育成し、そのタレントと社員が、世界中の皆さまに幸せをお届けすることこそが、ジャニーズグループとして決して変わることのない思いであるということです。

 そして、世の中がいつまでもエンターテインメントを楽しむことができる平和で希望に満ちた未来であり続けることを心から願っておりました。

 改めまして、ご支援くださいました全ての方々に心より御礼申し上げます。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース