近藤真彦 ジャニー社長を悼む「長男でいながら、何度も泣いちゃいました」

[ 2019年7月10日 17:45 ]

ジャニーズ事務所の外観
Photo By スポニチ

 歌手の近藤真彦(54)が10日、解離性脳動脈瘤(りゅう)破裂によるくも膜下出血のため9日午後に都内の病院で死去したジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)を悼んだ。

 「倒れてから3週間、病室で数々の奇跡を見せていただきました。あらためてジャニーさんの強さを感じました。タレントと社員が、もしかしたらという心の準備をする時間もいただきました。さすがジャニーさん、最後まで最高なセルフマネージメントでした。長男でいながら、何度も泣いちゃいました。叱られそうです」とコメント。

 続けて「ジャニーさんありがとう。今の僕があるのは、ジャニーさんのおかげです。あの頃、13歳のあんな僕に声を掛けてくれてありがとうございました。ゆっくり休んでください」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年7月10日のニュース