西武“天敵”高橋礼から初勝利 森が技あり適時打「うまく打てた」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―2ソフトバンク ( 2019年7月30日    メットライフD )

<西・ソ15>4回1死二塁、同点中前適時打を放つ森(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は今季4戦全敗だった天敵を打ち崩した。打線は高橋礼の前に3回まで無安打に抑えられたが、0―1の4回に奮起。1死二塁から森が「うまく拾って打てた」と、低めのシンカーをすくい上げ、同点の中前適時打を放った。

 中村が二塁打で続き、1死二、三塁で栗山が勝ち越しの右前適時打。首位を相手に少ない好機を生かした辻監督は「非常に大事な試合を勝てて良かった」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース