阪神・藤浪 1日中日戦先発へ「苦しい場面はいっぱいあるでしょう」

[ 2019年7月31日 18:06 ]

<神・中>試合前、バント練習をする藤浪(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(25)は31日、甲子園球場で短距離ダッシュやバント練習などを行い、最終調整を終えた。8月1日の中日戦(甲子園)に先発。プロ入り7年目で初めて開幕を2軍で迎え、自身最も遅い1軍初登板になる。「苦しい場面はいっぱいあるでしょうけど、粘り強く。やるべき事に集中したい」と決意を示した。

 今季はウエスタン・リーグで8試合計43回を投げ、1勝3敗、防御率1・88。「スタミナに自信がないわけじゃないし、夏も嫌いじゃない。少しでも長いイニングを。着実に遂行できるように」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース