大谷 被災地の子どもたちの訪問に「僕自身も勇気づけられる」

[ 2019年7月31日 15:05 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―1タイガース ( 2019年7月30日    アナハイム )

<エンゼルス・タイガース>3回無死から三塁内野安打を放つエンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が30日(日本時間31日)、本拠地でのタイガース戦に「3番・DH」で先発出場。5回に貴重な追加点となる中前適時打を放つなど4打数3安打1打点と活躍。今季6度目の1試合3安打以上をマークし、チームの6―1での勝利に貢献した。

 大谷との一問一答は以下の通り。

 ――3安打した打撃を振り返ると?

 「タイムリーも良かったと思います。1打席1打席しっかり内容があったかなと思います」

 ――盗塁も積極的にいった。走塁面については?

 「タイム的にいけるかなという感じだったので。ほとんど100%いけるような時しかいかないですけど、十分セーフになれるタイミングだったかなと思います」

 ――試合前には石巻市と熊本県の被災地の子どもたちが訪ねてきた。

 「日本の子たちに限らずこっちの子でもバッティング中に来たりとかはするので、そのたびにお互いいい刺激というか。僕は試合で頑張るのが一番ですけど、今日のように勝つゲームをまず見せられるように頑張りたいなと思っていますし、僕自身も勇気づけられることはあるんじゃないかなと思っています」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース