マエケン痛恨四球で6連敗「悪い流れをつくってしまった」

[ 2019年7月31日 02:30 ]

ナ・リーグ   ドジャース1―9ロッキーズ ( 2019年7月29日    デンバー )

ロッキーズ戦の5回、マウンドで厳しい表情を見せるドジャース・前田
Photo By 共同

 ドジャース・前田が痛恨の四球から崩れ、今季8敗目を喫した。0―1の5回無死一塁。バントの構えをしていた投手のグレイに四球を与えた。そこから失策が絡み、3安打を浴びて5点を失い「自分が悪い流れをつくってしまった。全てはそこ」と悔しがった。

 5月31日以来、白星から遠ざかり自身6連敗で、今季初めて黒星が先行した。ただ、ナ・リーグワースト79失策を象徴するように、守備の乱れが前田の足を引っ張る場面が目立つ。デーブ・ロバーツ監督は「ケンタは良かった。(野手が)守備をもっとしっかりしないと長い回を投げられない」とかばった。 (奥田 秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース