ロッテ・涌井「申し訳ない」4回6失点KO…5・8以来白星なし

[ 2019年7月31日 20:55 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2019年7月31日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>4回、2死満塁から吉田正に押し出し四球を与えマウンドにしゃがみ込む涌井(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 先発の涌井が4回8安打6失点で降板。5月8日の西武戦以来、白星から遠ざかっている右腕は「こういう形で早い回にマウンドを降りてしまいも申し訳ないです」と肩を落とした。

 今季17試合目の先発マウンドだった涌井は、初回に吉田正に右越え2ランを浴びると、2回は松井雅に中前適時打を許した。4回は安達の左前打などで3点を奪われ、この回で降板。勝てばチームは今季最多タイの4連勝となる試合で4回83球で6失点KOとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース