日本ハム連敗ストップ 終盤2点差跳ね返し逆転勝ち、代打谷口V打

[ 2019年7月31日 21:02 ]

パ・リーグ   日本ハム4―3楽天 ( 2019年7月31日    札幌D )

<日・楽>7回2死二塁、勝ち越し二塁打を放った谷口(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムが、終盤2点差を逆転して楽天を下し連敗を2で止めた。

 初回に1点先制された直後の1死一、二塁から中田の左前適時打で同点に。2回以降は楽天先発の則本昂に封じられ、7回に2点を勝ち越された。その裏、1死二塁から石井の右エンタイトル適時二塁打、宇佐見の左適時打で同点として則本昂をマウンドから降ろすと、代わったハーマンに代打田中賢は倒れたが、清宮の代打谷口が左適時二塁打を放って逆転した。

 投げては先発加藤は3回途中で走者を残して降板したが、玉井が後続を断って勝ち越しを許さなかった。4回以降は村田が3イニングを無失点、石川直が7回に2失点したが、逆転直後の8回を宮西、9回を秋吉が抑えて逃げ切った。

 楽天は初回に浅村の22号ソロで先制、直後同点とされ、7回に2点を勝ち越したもののその裏に則本昂が逆転を許した。最終回に2死一、三塁と粘りを見せたが及ばなかった。則本は7回途中4失点で2敗目(2勝)を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース