西武 山川&森連続適時打「令王」へ鷹狩り連勝!V打の山川「7月はもう、本当に苦しかった」

[ 2019年7月31日 22:02 ]

パ・リーグ   西武2―0ソフトバンク ( 2019年7月31日    メットライフD )

ファンとハイタッチする山川(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 パ・リーグ2連覇へ反撃開始だ。3位・西武は4ゲーム差で追う首位ソフトバンクに2―0で2連勝。カード勝ち越しを決め3連勝とし、3ゲーム差に迫った。

 7回まで0-0と譲らぬ展開。均衡を破ったのは獅子の4番のバットだった。8回1死走者なし、2番・源田が左前打で出塁。3番・外崎の三ゴロの間に二塁へ進むと、2死二塁で迎えた4番・山川がカウント3ボール1ストライクからの5球目をはじき返した。

 「集中してたのであんまり覚えてないです。ホームランではないと思ってました」と振り返る打球は、中央フェンスに直撃。適時二塁打となり、1点を先制した。「最後の方は1点取った方が勝つんだろうなと思っていたので、打ててよかったです」と話すように、試合を決定づける貴重な先制点をもぎ取った。

 なおも2死二塁、続く5番・森が2者連続となる適時打を放ち、2点目を追加。本塁への激走について問われると「ははっ…いやあ、それはいいっす。はい」と遠慮がちに話した。

 初回から痺れる接戦にけりをつける値千金の活躍。7月は4本塁打16打点という成績に終わり「もう、本当に苦しかったんで、僕自身。8月、爆発したいと思います」と天王山の夏へ、さらなる勝利を誓った。

 このソフトバンク3連戦は、新時代王者への思いを込めた「令王」ユニフォームを着用してのライオンズフェスティバル。「本当に大勢の方に集まっていただいて、暑いですけど、選手にも声が届いてますので、明日からも大きな声で応援してください」とファンに呼びかけ、「明日、どすこいできるように頑張ります!」と鷹撃破の一発を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース