DeNA“カミサノ”で3球先制 ソトの決勝打もお膳立て

[ 2019年7月31日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―2ヤクルト ( 2019年7月30日    横浜 )

初回無死二塁、佐野の中前適時打で生還した神里はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは「カミサノ」の1、2番コンビが打線をけん引した。初回、神里が2球目を左中間二塁打。佐野が初球を中前へ運び、わずか3球で先制点を奪った。

 5回には神里と佐野の連打で好機をつくり、ソトの決勝打をお膳立て。6月11日以来の4安打をマークした神里は「最近しょうもない成績だったので、今日は絶対打つという気持ちだった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース