中日、悪夢の逆転サヨナラ負け 与田監督「逃げ切れなかったのは僕の責任」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6―7阪神 ( 2019年7月30日    甲子園 )

9回無死一塁、ソラーテに逆転サヨナラ2点本塁打を浴びてぼう然の岡田(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 悪夢のようだった。中日は1点リードの9回、守護神・岡田がソラーテに痛恨の逆転2ランを浴び今季9度目のサヨナラ負け。与田監督は「起用しているのは、こちら。逃げ切ることができなかったのは、僕の責任になってくる」と敗戦の責任を負った。

 岡田は先頭・近本に右前打され、ソラーテへの初球、内角高めの138キロ直球を振り抜かれた。「打たれたということは高いのか、甘いのか、威力がないか、ということ」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース