ソフトB高橋礼、4戦全勝の西武に初黒星「もう少し粘ることができれば…」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―5西武 ( 2019年7月30日    メットライフD )

4回1死二、三塁 栗山に勝ち越し適時打を打たれた高橋礼(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・高橋礼は6回を3安打ながら3失点で3敗目。今季4戦全勝だった西武戦で初めて白星を逃した。1点を先制した直後の4回に3連打などで3点を失い「もう少し粘ることができれば違う展開になっていたかもしれないのでとても悔しい」と自らを責めた。

 2年目の今季はここまでチームトップタイの9勝。倉野投手コーチは「要所での投げミスはもう一回意識を持たせたい」とさらなる奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース