阪神・矢野監督、4失策に「頭が痛い」 ソラーテも遊撃で2失策

[ 2019年7月31日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7―6中日 ( 2019年7月30日    甲子園 )

6回1死二塁、アルモンテの打球を捕球するも一塁に悪送球したソラーテ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 サヨナラ勝ちで中日戦の連敗を7で止めたが、今季ワーストに並ぶ4失策が失点につながったこともあり、阪神・矢野監督は素直に喜べなかった。

 「ミスがな…。初回もエラーがついていないけど、ミスでしょ?頭が痛いというか。言い出したらいろいろあるんだけど」

 初回1死一、三塁からビシエドは三ゴロ。併殺かと思われたが大山の二塁送球を糸原が捕球後、一塁送球しようとして落球(記録は三ゴロ)。併殺を奪えず三塁走者の生還を許した。6回はソラーテの、8回は糸原の失策が失点に直結した。

 遊撃で2失策したソラーテについて、指揮官は「見えない部分がありながら使ってるリスクというかね。それはもう僕の責任」とかばったが、今後は守備位置も含め検討する。「夏休みに子どもたちが来てくれている中で参考になるプレーではない」と手厳しかった。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース