阪神・矢野監督 中日・山本にプロ初星献上「投げっぷり、度胸がいい」

[ 2019年7月31日 22:15 ]

セ・リーグ   阪神2―3中日 ( 2019年7月31日    甲子園 )

<神・中>山本(後方左)にプロ初勝利を献上した矢野監督(左) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神は1点を追う9回2死無走者から連打などで二、三塁の好機を築いたが、最後は梅野が空振り三振。中日に敗れた。中日先発の山本は6回4安打1失点の力投。待望のプロ初勝利を挙げた。

 矢野燿大監督(50)の一問一答は以下の通り。
 
 ―最後は追い込んだが?

 「2死から何とか出ようという形で、いいチャンスを作ってくれましたね」

 ―2死走者なしから粘るのは求める野球だ。

 「そうですね。ソラーテのホームランとか、もちろんそういうので点を取りたいですけど、ウチはつないでつないでが持ち味。あきらめないところは見せてくれた」

 ―中日先発の山本は地元出身。うまく投げられた?

 「そうですね。投げっぷりがいいというかね。度胸がいいというか、そういう感じに見えました。ちょっとうちが打てなかった」

 ―先発の青柳は白星が遠い。

 「そのような内容になってしまっている。バント失敗とか含めて。打たれるのも同じバッターに打たれたりとか。やっぱりそういうところでなかなか勝ちがつきにくいような。点差以上に取られ方っていうのはもうちょっとバッテリーとして考えていかないとダメなのかなと思います」

 ―明日の先発は藤浪。

 「晋太郎も本当にいろいろな思いで明日マウンドに上がると思うんで。僕はいつも同じ事を言うんですけど、晋太郎自身がいい顔で投げっぷりよく投げてくれたらいいかなと思います」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月31日のニュース