ロッテ大地、1800試合アナウンス谷保さんに粋な計らい「打てるのはその声があるから」

[ 2019年7月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4―1オリックス ( 2019年7月30日    ZOZOマリン )

この日が1800試合アナウンスの記念日だった谷保恵美さん(前列)とお立ち台に上がるマーティン、岩下、鈴木(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 3回に決勝の中前適時打を放ったロッテ・鈴木の粋な計らいだ。お立ち台にこの日、1軍場内アナウンス1800試合に達した谷保(たにほ)恵美さんを招き、ウイニングボールを手渡した。「谷保さんの記念の試合。打席で打てるのはその声があるから。引き締まるし、これからも続けてほしい」。

 新外国人のマーティンが2番に入り3番を任されるが、今季10度目の猛打賞となる3安打2打点で応えた。円陣でも「谷保さんのために!」と団結したチームは今季5度目3連勝。谷保さんも「つえをついてでも頑張ります」と2000試合を目指すと誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月31日のニュース